読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京消費論

30歳男性の自由研究

第一四半期の研究:ダイエットに関する実証研究(運動編)

ここでは運動に関してやってきたことを書きたいのですが、
食事に関してよりもだいぶ短くなってしまいます。なぜなら私は筋トレについて教えてもらったことを勉強している途中だからです。
正直1年前からジムに入会していて、週2回くらいで走ったり泳いだりしてきましたが、全く痩せないどころか太っていました。
 

前項はこちら↓ 

mudame.hatenablog.com

 

mudame.hatenablog.com

 

運動したほうがいいです

運動をすべき理由は、基礎代謝が高いほうが人生楽しめるからです。
前項で書きましたが、私の最初の基礎代謝は大体1600kclでした。
これがもし1800kclに上がると、(普通の活動で消費する係数1.5を含めて)1600の人より300kcl多く食べられる計算になります。
あと、もし1400にまで下がったとしたら逆に300kcl食事を減らさないと太ることになります。
 
基礎代謝をあげるためには、もう言い尽くされている話ですが、大きな筋肉・体幹部分のトレーニングをすべきだと思います。
ただし、だらだら動いていても筋肉はそんなに発達しないのです。
自分に弱い人にとって、自分を追い込むトレーニングは絶対めんどくさくなります。
 
結論としては、筋肉トレーニングはプロにみてもらうのが1番だということです。
私の場合、元々通っていたジムのパーソナルトレーナープログラムに申し込みました。
結構高いので、お試しプログラムをいくつか受けてみるといいなーと思います。
実際、私は1ヶ月間最初のジムのパーソナルトレーナーさんが作ってくれたメニューをこなしましたが、
その間いくつかのジムに行って説明と体験をさせてもらいました。(暇人)
 

どうやるか

やってみた感想としては、
  1. ジムの集団レッスンを受けて追い込まれる環境を作りましょう
  2. トレーナーに正しいフォームを教えてもらいましょう
  3. 無酸素・有酸素をバランス良くこなしましょう
1)通っているジムに集団レッスンがあるなら、参加しましょう。
とくに追い込まれる系のバイクエクササイズとか、ボディコンバットみたいなやつです。
最初は参加すること自体に抵抗を感じたりやハードル高く感じるのですが、
空いている時間帯を狙って参加して、慣れていくといいです。
 
2)筋トレで1番大事なことは正しいフォームでやることです
器具を使うトレーニングも、まずは正しいやり方を習得しましょう。
正しい姿勢と、何に意識して運動すべきか、という点をメモしてできるようになるところからはじめましょう。
そうなるとプロに教えてもらうのが1番の近道です。
パーソナルトレーナー二お金を払うなら徹底的に聞きましょう。
 
3)何事も正しい方法をバランスよくです。
これは食事に関しても思ったことなのですが、人間はいろんなことをしていたほうが飽きないし、効率を上げられるとおもいます。
走るのが好きだから走ってばっかりいたのですが、それだと筋肉はつかないし、
足の筋肉が1番発達しているからといってスクワット系のトレーニングだけするよりも、
クランチ・ベントオーバーロウ・プッシュアップといろんな筋肉を鍛えたほうが筋肉量は上がりやすいです。
 
結果2ヶ月で2キロほど筋肉量があがりました。(インボディで測ったところ)
 

これから

これからも引き続き筋トレは続けたいですが、サッカーをまた始めたいなと思っています。
マッチョになるための筋トレではなく、アジリティを高めておじさんでもサッカーのできる体づくりを目指そうかなと思うこの頃。